読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏の夢想者

所詮僕が思っていることなんて、観察を超えた偏見や思い込みなんだ、みんなと同じく。

ぼやき

電車が走りすぎるこの街では

 僕の声はなかなか届かない

 

ビルが高すぎるこの通りでは

 僕はどうしても小さくなってしまう

 

荷物が多すぎるこの郵便局では

 僕の手紙はどうしても後回しになってしまう

 

嘘が多すぎるこの校舎では

 僕の言葉はなぜか空回りしてしまう

 

愛のありすぎるこのドラマでは

 僕は主人公にはなれない

 

 

 でも

 

 

塩が多すぎるこの海でも

 僕の体は沈んでしまう

 

熱を持ちすぎるこのコーヒーでも

 僕の舌は何の痛みも感じない

 

ゴミがありすぎるこの公園でも

 僕は何一つ捨てられない

 

思い出が通いすぎるこの帰り道でも

 僕は何一つ共有できるものがない

 

愛のなさすぎるこの映画でも

 僕はやはり主人公にはなれない